相続放棄と限定承認のことを解説する

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すると、1週間ほどすろと家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」というものが郵送されます。質問事項が書いてある内容となっています。

その質問事項にこたえて問題がなkれば「相続放棄申述受理証明書」が送られてきて晴れておしまいになります。

また次に借金だけしかないような場合は不足分を支払うことはなく、借金を清算して余りが出たら余った財産は受け継ぐことができます。
限定承認は相続放棄者を除いたほかの相続人全員で行う必要があり、一人でも単純承認をしない相続人がいた場合は、限定承認を使うことができません。これは相続があった日から3か月以内に家庭裁判所へ限定承認申述書をや提出することになります。個の手続きでは財産目録の作成や相続財産管理人の専任、公告手続きや債権者への返済などの手順が必要となります。また限定承認をした場合は+の財産が基礎控除額の選任をし公告手続きや債務者への返済を手続きしていかねばなりません。相続人が相続放棄をすれば、相続人ではなくなり、被相続人の債務を承継することはないので、その債務について相続人ご自身が連帯保証などしており、ご自身で債務を負担しているのでなければ、請求を受けることはありません。

相続放棄を横浜で進めるならこちらだ
家庭裁判所に申し立てることで相続の放棄をします。法律上の手続きなので、やってはいけないことがあります。注意しましょう。
www.souzoku-shien.net/learn/abandonment

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む