生前の相続税対策の内容はこんな感じだ

先に土地の整地や実測も生前の相続税対策になると
お伝えしましたが、家屋の修繕も生前の相続税対策に
なりえます。

相続における建物の評価額は、固定資産税評価額×1.0
で計算されます。

固定資産評価額は建築当初の建築費のおおむね
50-70%です。
その後の年数経過とともに減価償却相当分は
減額されていきます。

生前に老朽化している建物の修繕や改築をすると
相続税対策になります。

修繕費、改善費に600万かかったとすると
かかった分だけ相続税が減額になる仕組みです。

建物は最新の設備になりますから、価値が増加します。
固定資産税評価額には増加はありませんので
注意しましょう。

建物の価値が増加しても、相続財産は減少します。
もし大規模な修繕や改築で、建物の耐用年数を
伸ばすような価格の増加が見込まれた場合は、
市町村の調査員が現状の確認をしたうえで
評価替えを行うようになっています。

ゆえに固定資産評価額が上がることもあるのです。
この時も何100万の工事費がかかっても、
その評価額の100%割増にはならないので注意します。
やはり公示費の50-70%上昇といっておけばいいでしょう。
「価格」のところにある金額が、いわゆる評価額「固定資産税評価額」となります。
「課税標準額」のところにある金額は各種調整(住宅軽減・負担調整等)を行った後の数字で、実際に固定資産税、都市計画税の根拠となっている数字です。

評価額と購入価格は基本的にリンクしません、
あくまで「評価基準書」に基づいて算定したものです。
特に中古マンション「鉄骨・鉄筋等」ですと、
乖離は大きくなっております。
安く買えたということでいい事にしましょう。

「価格」のところにある金額が、いわゆる評価額
「固定資産税評価額」となります。
「課税標準額」のところにある金額は各種調整
(住宅軽減・負担調整等)を行った後の数字で、
実際に固定資産税、都市計画税の根拠となっている
数字です。

»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む