カテゴリー: あらゆる相続手続きについて

相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れる

相続放棄しても、受け取ることができる財産があります。

契約者と被保険者が同一人の場合、死亡保険金は相続財産ではなく、保険金受取人の固有の財産です。

例えば、契約者・被保険者が夫、死亡保険金受取人が妻の場合、妻が受け取った死亡保険金は妻の固有の財産になります。死亡した夫の財産ではないため、妻は相続を放棄しても死亡保険金を受け取ることができます。
“相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れる”の詳細は »

相続における遺産分割とは何だろう

共同相続人間の協議で遺産分割ができない場合は、相続人の請求によって家庭裁判所に分割調停の申立を行うことができます。

遺産分割とは、遺産を各相続人に具体的に配分する
手続きのことです。

相続が開始されると共同相続人は被相続人の財産に関する一切の権利を包括的に承継し、 遺産分割が行われるまでその財産を共有することとされています。


“相続における遺産分割とは何だろう”の詳細は »

相続における廃除の理由となる場合や行為など

その1:被相続人を虐待した場合、その2:被相続人に対して、重大な侮辱を与えた場合、その3:推定相続人にその他の著しい非行があった場合

その1:被相続人を虐待した場合
その2:被相続人に対して、重大な侮辱を与えた場合
その3:推定相続人にその他の著しい非行があった場合
“相続における廃除の理由となる場合や行為など”の詳細は »

相続で自筆証書遺言を書く場合の注意

相続で自筆遺言証書の書く際のポイントを覚えましょう!

自筆証書遺言を書く場合の注意を見ていきましょう。
流れとしては以下のようになります。
1:遺言書を作成する(遺言者の生前可能)、満15歳以上遺言の全文、日付、指名を自書する、ハンを押す
2:遺言者が死亡すると遺言の効力を発揮する
“相続で自筆証書遺言を書く場合の注意”の詳細は »

相続放棄と限定承認のことを解説する

財産目録の作成や相続財産管理人の専任、公告手続きや債権者への返済などの手順が必要となります

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すると、1週間ほどすろと家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」というものが郵送されます。質問事項が書いてある内容となっています。

その質問事項にこたえて問題がなkれば「相続放棄申述受理証明書」が送られてきて晴れておしまいになります。
“相続放棄と限定承認のことを解説する”の詳細は »

相続した資産の計算などについて

不動産を相続したがまだ残っている住宅ローンがあったというような未払金がある財産を取得した場合、その本来、払わなければならない未払額を相続財産から控除できます。

*1 本来の相続財産 ・・相続税の対象となるもの。故人の遺したあらゆるものです。被相続人名義の預貯金、株券や債権、土地・建物などの不動産、ゴルフ会員権、絵画・骨董品など。しかし、家族で住んでいた宅地や自営で商売をやっていた店舗などしか財産がない場合、それに対して多額の相続税がかかってしまうと、住むところがなくなり商売がすぐにできなくなってしまいます。この場合、「小規模宅地等の評価減」の特例を受けることができますが、それを申請するためにもここで計算にいれておく必要があります。
“相続した資産の計算などについて”の詳細は »

相続人の確定をする時の作業の手順

被相続人の出生時から死亡までのすべての戸籍を取り寄せることで、法定相続人確定の手続きをすることができます。

まず相続人を確定します。それが証明された書類、書面を確認する必要があります。これに必要な証票が戸籍謄本です。被相続人の出生時から死亡までのすべての戸籍を取り寄せることで、法定相続人確定の手続きをすることができます。


“相続人の確定をする時の作業の手順”の詳細は »

生前の相続税対策の内容はこんな感じだ

生前に老朽化している建物の修繕や改築をすると相続税対策になりますよ

先に土地の整地や実測も生前の相続税対策になると
お伝えしましたが、家屋の修繕も生前の相続税対策に
なりえます。

相続における建物の評価額は、固定資産税評価額×1.0
で計算されます。
“生前の相続税対策の内容はこんな感じだ”の詳細は »