相続した資産の計算などについて

不動産を相続したがまだ残っている住宅ローンがあったというような未払金がある財産を取得した場合、その本来、払わなければならない未払額を相続財産から控除できます。

*1 本来の相続財産 ・・相続税の対象となるもの。故人の遺したあらゆるものです。被相続人名義の預貯金、株券や債権、土地・建物などの不動産、ゴルフ会員権、絵画・骨董品など。しかし、家族で住んでいた宅地や自営で商売をやっていた店舗などしか財産がない場合、それに対して多額の相続税がかかってしまうと、住むところがなくなり商売がすぐにできなくなってしまいます。この場合、「小規模宅地等の評価減」の特例を受けることができますが、それを申請するためにもここで計算にいれておく必要があります。
“相続した資産の計算などについて”の詳細は »

相続人の確定をする時の作業の手順

被相続人の出生時から死亡までのすべての戸籍を取り寄せることで、法定相続人確定の手続きをすることができます。

まず相続人を確定します。それが証明された書類、書面を確認する必要があります。これに必要な証票が戸籍謄本です。被相続人の出生時から死亡までのすべての戸籍を取り寄せることで、法定相続人確定の手続きをすることができます。


“相続人の確定をする時の作業の手順”の詳細は »

生前の相続税対策の内容はこんな感じだ

生前に老朽化している建物の修繕や改築をすると相続税対策になりますよ

先に土地の整地や実測も生前の相続税対策になると
お伝えしましたが、家屋の修繕も生前の相続税対策に
なりえます。

相続における建物の評価額は、固定資産税評価額×1.0
で計算されます。
“生前の相続税対策の内容はこんな感じだ”の詳細は »

最新の記事 »