相続人同士でもめた場合はどうすればよいのでしょうか

相続がおこったときに、もめごとが起きてしまうケースというのは決して少なくはありません。もめてしまうと、財産の名義変更や処分が出来なくなってしまいます。

相続というのは、人が亡くなった時点の遺産に関して、相続人全員の共有の財産となり、共有している状態から各相続人の名義に変更するために、遺産分割協議をおこなうことになります。その遺産分割によって、どの遺産をどの相続人が取得するかを決めて書類を作成するのです。それを遺産分割協議書といいます。

しかし、もめごとが起こっている状態でしたら、遺産分割協議書を作ることさえ出来ません。もし、話がまとまらない場合には、家庭裁判所で調停をおこない、相続人全員での話し合いにより分割を決めていくことになります。さらにそこでも話合いがつかなかった場合には、家庭裁判所の審判により遺産が分割されることになります。

 相続人の経済的な事情や、亡くなった方の面倒をみていたという主張、異母兄弟がいる場合、後妻と先妻の子同士など、相続上のもめごとになりやすいケースというのはたくさんあるのですが、もめごとが起きないように解決できればいいですね。

«
»
 

トラックバックURL

コメントを書き込む