カテゴリー: 家族の仲で価値感をあわせて円満になる

衣替えをして、気分も洋服タンスもスッキリしました

3年間一度も袖を通していない洋服は、今後もきっと・・・着ない

今年のゴールデンウィークはずっとお天気がよくて、行楽地はどこもいっぱいのようですね。わが社のお父さん達も、子供達を遊びに連れて行ってあげているみたいで、いいお父さんしてるんだなぁ~とほのぼのした気持ちになりました。
“衣替えをして、気分も洋服タンスもスッキリしました”の詳細は »

相続人同士でもめた場合はどうすればよいのでしょうか

残された家族がもめないように、遺言を残すことは大事なことかもしれませんね。

相続がおこったときに、もめごとが起きてしまうケースというのは決して少なくはありません。もめてしまうと、財産の名義変更や処分が出来なくなってしまいます。
“相続人同士でもめた場合はどうすればよいのでしょうか”の詳細は »

代襲相続の仕組みを伝えます

被相続人の直系卑属でなければならない。養子の連れ子がいる方だとこの規定に該当するかもしれないです。

代襲相続 ・・・相続の開始以前に被相続人の子または、被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格・廃除によって相続権を失った場合、その人の子が代わって相続することを代襲相続といいます。(887条2項本文・889条2項)代襲相続する者・・・代襲者代襲者の条件:被相続人の直系卑属でなければならない(887条2項但書)代襲相続される者・・・被代襲者といいます。
“代襲相続の仕組みを伝えます”の詳細は »

相続における借地と借家の評価

相続における借地借家については『借地借家法』によって設定されています。

借地借家については『借地借家法』によって
設定されています。

借地権・・・借家を建てる目的のもの
借家権・・・建物の賃借権のこと

原則としてこれらは相続財産に含まれることになります。

相続人がこれらの権利を相続して借地人や借家人となります。
“相続における借地と借家の評価”の詳細は »