衣替えをして、気分も洋服タンスもスッキリしました

3年間一度も袖を通していない洋服は、今後もきっと・・・着ない

今年のゴールデンウィークはずっとお天気がよくて、行楽地はどこもいっぱいのようですね。わが社のお父さん達も、子供達を遊びに連れて行ってあげているみたいで、いいお父さんしてるんだなぁ~とほのぼのした気持ちになりました。
“衣替えをして、気分も洋服タンスもスッキリしました”の詳細は »

相続人同士でもめた場合はどうすればよいのでしょうか

残された家族がもめないように、遺言を残すことは大事なことかもしれませんね。

相続がおこったときに、もめごとが起きてしまうケースというのは決して少なくはありません。もめてしまうと、財産の名義変更や処分が出来なくなってしまいます。
“相続人同士でもめた場合はどうすればよいのでしょうか”の詳細は »

相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れる

相続放棄しても、受け取ることができる財産があります。

契約者と被保険者が同一人の場合、死亡保険金は相続財産ではなく、保険金受取人の固有の財産です。

例えば、契約者・被保険者が夫、死亡保険金受取人が妻の場合、妻が受け取った死亡保険金は妻の固有の財産になります。死亡した夫の財産ではないため、妻は相続を放棄しても死亡保険金を受け取ることができます。
“相続放棄をした場合でも死亡保険金を受け取れる”の詳細は »

相続における遺産分割とは何だろう

共同相続人間の協議で遺産分割ができない場合は、相続人の請求によって家庭裁判所に分割調停の申立を行うことができます。

遺産分割とは、遺産を各相続人に具体的に配分する
手続きのことです。

相続が開始されると共同相続人は被相続人の財産に関する一切の権利を包括的に承継し、 遺産分割が行われるまでその財産を共有することとされています。


“相続における遺産分割とは何だろう”の詳細は »

代襲相続の仕組みを伝えます

被相続人の直系卑属でなければならない。養子の連れ子がいる方だとこの規定に該当するかもしれないです。

代襲相続 ・・・相続の開始以前に被相続人の子または、被相続人の兄弟姉妹が死亡、相続欠格・廃除によって相続権を失った場合、その人の子が代わって相続することを代襲相続といいます。(887条2項本文・889条2項)代襲相続する者・・・代襲者代襲者の条件:被相続人の直系卑属でなければならない(887条2項但書)代襲相続される者・・・被代襲者といいます。
“代襲相続の仕組みを伝えます”の詳細は »

相続における廃除の理由となる場合や行為など

その1:被相続人を虐待した場合、その2:被相続人に対して、重大な侮辱を与えた場合、その3:推定相続人にその他の著しい非行があった場合

その1:被相続人を虐待した場合
その2:被相続人に対して、重大な侮辱を与えた場合
その3:推定相続人にその他の著しい非行があった場合
“相続における廃除の理由となる場合や行為など”の詳細は »

相続における借地と借家の評価

相続における借地借家については『借地借家法』によって設定されています。

借地借家については『借地借家法』によって
設定されています。

借地権・・・借家を建てる目的のもの
借家権・・・建物の賃借権のこと

原則としてこれらは相続財産に含まれることになります。

相続人がこれらの権利を相続して借地人や借家人となります。
“相続における借地と借家の評価”の詳細は »

相続で自筆証書遺言を書く場合の注意

相続で自筆遺言証書の書く際のポイントを覚えましょう!

自筆証書遺言を書く場合の注意を見ていきましょう。
流れとしては以下のようになります。
1:遺言書を作成する(遺言者の生前可能)、満15歳以上遺言の全文、日付、指名を自書する、ハンを押す
2:遺言者が死亡すると遺言の効力を発揮する
“相続で自筆証書遺言を書く場合の注意”の詳細は »

相続税と障害者の控除の仕組みを知らないと損です

障害者控除額がその障害者本人の相続額より大きくなる場合は、控除額の全額がひき切れない場合も出てきます。

障害者控除を受ける場合

以下の条件で障害者控除を受けることが可能です。
マイナスされる金額は、障害の重さによって変わってきます。

●障害者が70歳未満である

この場合、相続税の額から一定の金額を差し引くことができます。
控除を受けるには次のすべての要件を満たしている必要があります。
“相続税と障害者の控除の仕組みを知らないと損です”の詳細は »

相続放棄と限定承認のことを解説する

財産目録の作成や相続財産管理人の専任、公告手続きや債権者への返済などの手順が必要となります

相続放棄申述書を家庭裁判所に提出すると、1週間ほどすろと家庭裁判所から「相続放棄の申述についての照会書」というものが郵送されます。質問事項が書いてある内容となっています。

その質問事項にこたえて問題がなkれば「相続放棄申述受理証明書」が送られてきて晴れておしまいになります。
“相続放棄と限定承認のことを解説する”の詳細は »

« 過去の記事